トイプードルの犬図鑑

トイプードルの歴史

プードルはスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイと4つのサイズがありますが、犬種としてはすべて同じプードルになります。
体高や体長が違うだけで身体の構成比が同じ、特性もサイズで異なる点がほぼない、これらのサイズの成立時期が不明という点から、同じ犬種と見なされています。

プードルはフランスの代表的な犬ですが、祖先はロシアまたは中央アジア北部にいた「バーベット」という犬ではないかと言われています。ヨーロッパを横断し、地域の犬と交雑しながらドイツに入り、そこからフランスへ渡ったというのが現在もっとも有力な説です。

初期のプードルのサイズは大型のスタンダードのみで、使役犬として荷車を引いたり、水猟犬としてカモ狩りで使われたりしていました。

ドイツで猟犬として使われていたプードルは、フランスへ渡った当初は猟犬として働いてました。このころにはすでに小型のプードルが存在していたと推察されています。

トイプードルがいつごろから存在したのかを示すものとして、15世紀のドイツの画家、アルブレヒト・デューラーの版画があります。独特のカットを施された、ミニチュアプードルまたはトイプードルらしい小さい犬が描かれていました。

17世紀に入るころには、小型化されたトイプードルが、フランスの王族や貴族のあいだで人気を集めます。18世紀には画家ゴヤの絵画にも登場し、トイプードルがイギリスの上流階級にも愛されていたことが見て取れます。

スタンダード以外のプードルたちも、使役犬として働くことがあったようです。
イギリスでミニチュアプードル・トイプードルは高級食材トリュフの探索で活躍し、フランス、スペインなどでも探査犬として重宝されました。
トイプードルは物覚えがよく器用な犬なので、サーカスなどの見世物にも使われていました。

プードルはさまざまな目的で使役され、用途に沿って改良されてきたものと考えられます。
近年の日本では、毛が抜けにくいことで病院などを訪問するアニマルアシステッドセラピー犬として、また、警察犬試験に合格して嘱託警察犬として採用されるなど、トイプードルは愛玩犬にとどまらず、ますます活躍の場を広げています。

トイプードルの特徴

トイプードルは体長と体高がほぼ同じのスクエアな体型で、被毛は巻き毛のシングルコートです。
抜け毛が少なく、犬独特の体臭も少ないと言われています。

プードルは日本ではジャパンケンネルクラブの犬種標準で4つのサイズに分類されていて、トイプードルの体高は24~28cmが標準と規定されています。

トイプードルの性格

トイプードルは明るく活発で、飼い主に忠実です。
聡明な犬で、全犬種の中でボーダーコリーについで賢いといわれています。物覚えがいいので、しつけしやすいのはもちろん、アジリティなどの訓練も得意としています。

好奇心旺盛で社交的なので、家族以外の人や犬にもフレンドリーに接します。

トイプードルの飼い方

トイプードルはかわいらしい外見に似合わず、運動能力が高く体力があります。

賢い上に好奇心も強いので、運動不足やストレスがたまっていると、室内やケージ内を荒らすなどのいたずらをしてしまうことがあります。
毎日十分な散歩と室内での遊び、可能であれば水泳などもさせてあげましょう。社交的なのでドッグランに連れて行くのも喜びます。

トイプードルは抜け毛が少ないから手入れが楽だと考えられがちですが、カールした被毛は絡まりやすく、ブラッシングを怠るとすぐに毛玉ができてしまいます。
巻き毛はゴミやほこりも絡まりやすいので、少なくとも週に2~3回、できれば毎日ブラッシングしましょう。

被毛は伸び続けるので、定期的にカットが必要です。手入れに自信がない人は短めにカットしておくといいですね。

ほんの数年前まではプードルといえば独特の胸と手足の先を残すカットを「コンチネンタルカット」が主流でしたが、近年はテディベアカットと呼ばれる、ぬいぐるみ風のカットが人気です。

トイプードルの毛色

トイプードルの毛色は単色(ソリッドカラー)を理想としていますが、濃淡は認められています。

公認されているカラーとして、ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、カフェオレ、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなどがあります。

トイプードルは退色しやすい犬でもあり、それを防ぐ方法は特にないため、子犬を選ぶときは色が薄くなる可能性を知っておいてください。

トイプードルの気を付けたい病気

トイプードルが注意したいのは、「クッシング症候群」です。副腎皮質機能亢進症とも言われ、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌される病気です。

食欲が増加したのにどんどん体重が落ちたり、毛が薄くなったり、多飲多尿やおなかが膨れるなどの症状が現れます。病気が進行すると、若い犬でも疲れやすくなって寝てばかりになり、免疫力が低下するため感染症にかかりやすくなります。
クッシング症候群で命を落とすことはあまりありませんが、感染症は危険です。

気になる症状があれば、早めに動物病院に連れて行きましょう。

小型犬がかかりやすい膝蓋骨脱臼や気管虚脱にも気を付けてください。トイプードルは活発な犬なので、家の中で走りまわって関節に負担がかかったり、散歩でぐいぐいリードを引っ張って気管が圧迫されたりする可能性があります。

垂れ耳の犬なので、外耳炎など耳の病気もかかりやすいと言われています。定期的な耳のチェックと掃除を欠かさないようにしましょう。

< トイプードルのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,179人が「いいね!」と言っています。
法土諭
小玉 恵
Akemi Yano
渡部吉保
松本 祐典
山田 かおり
KA Ya
Kengi Sugai
新着子犬お知らせメールサービス トイプードルの子犬お探しコーナー ドッグショー特集 チャンピオン犬 輩出・在籍のトイプードルのおすすめブリーダー特集

毛色から子犬を探す

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの犬図鑑

トイプードルの名前ランキング

  • 男の子
    1位そら
    2位チョコ
    3位マロン
  • 女の子
    1位はな
    2位モコ
    3位メル
>> 名前ランキングをもっと見る